自転車おぢさんの備忘録

自転車好きなアラフォーおぢさんのブログです。
ロードからMTB。ロングライド系のイベントにはちょくちょく参加してますが、決して速くはありません。
坂好きですが、昇りは遅い(笑)。

まれに飽きると庭弄りとかカラオケとか始めちゃいます。

やっちまった2 & 受け継がれるもの

みなさまこん○○は。カザホネです。


今日は某Amazonより取り寄せた部品が合わなくてショックなのです。

キャットアイのシートレールアダプターなんですが…


肝心のテールライト取り付けをする部分がフツーのライト用だったのです(涙)。

いやー、注文するときに形を確認しとけば良かったのですけどね

(^^;


また部品を取り寄せなきゃ…


付けるのはXNC7なので、ちょっとイカツイこいつなんですけど…


点灯したら目立ちまっせ~♪


それと、そのライト用のフレックスタイトブラケットがいつの間にか割れてしまうと言う不運に見舞われることが多いので、これを

これでしばらくは大丈夫かな、と(笑)。


午前中にピアノの調律師さんが来るので、自宅から動けずにいると、どうやら以前住んでいたアパートの方にいらしてしまったようでしたので、途中までお迎えにいきました。


四月から娘がピアノを始めるので、実家より引き取ってきた古いアップライトの調律です。

家につくなり調律師さん、

『まだまだいけますよ(使えますよ)』

とのありがたいお言葉。

このピアノ、カザホネが幼少期から高校卒業する位までお世話になっていた、非常に思い入れのある物なので、それを娘がまた使えるなんてこんなに嬉しいことはありません。

で、そそくさと分解始める調律師さん。


あっという間に…


あっという間に……


こんなになっちゃいました。

こんなになるまで、留まっていたのはネジ二つのみ。

楽器って凄いですね。

この後、内部のお掃除を手際よく終わらせ…

ポロ~ん、ピローン


と、調律が始まります。

って言うか、これ書いてる間も進行中です(笑)。


今カザホネが乗っている自転車達も、いずれは子供達に引き継がれていったりするのでしょうか…

そうなったとしたら、なんか素敵だなぁ。


と、思いながら調律のおとを聴いています。


今回もお付き合いくださいまして有難うございます。

春だ!花粉だ!でも自転車ツーキン!

みなさまこん○○は。カザホネです。


今日は温かかったですね。

春の草花もなんとなく顔を覗かせて参りました。


そんなわけで自転車ツーキン再開してみました。

朝起きても寒いとその日のテンション駄々下がりでとても自転車に跨がれません。


先日愛車のパンクと言う不運において、無理矢理自転車ツーキン再開してみました。

一昨日はロード(RL8)で、そして今日はMTB(XNC7)で。

なんて幸せな時間(笑)。

零騎士さんのその後とかの話しもいいのですが、今日はMTBのお話です。


でそのネタが、これ。

直で帰ってくると七キロ足らずの道のりをわざわざ20キロ近く遠回りして帰ってます(笑)。

ある程度自分の中でルートが出来上がっているので、今日はその道をXNC7で走って帰ってきました。実はツーキンコースで乗ったのは今日が初めてです。


で、去年本格的に寒くなる前にRL8で走ったデータがこれ。

はい、確実にロードより遅いです。当たり前ですが(笑)

しかも今日は家につく寸前の数キロの直線でペダルが回らない(涙)

ギア比やウェイト、空気抵抗云々考えたとしてもちょっと残念なデータです。

やっぱり、ロードは身体の力を上手く利用して進んでいるのですね。


ただひとつ良かったと思えることが。

それは。

とても乗り心地は良かった。と言うところですね。お尻のHPもそんなに削られずにすみました。

まあ、最後の方でちっとも進まないので必死でペダル回して若干大腿の後ろ側が痙攣しそうになりましたけど(笑)

これはフロントのサスとネオコットフレームの恩恵なんだと思わざるを得ないですね。

取り敢えずこれでツーキンを続けてみて、どのくらいまでロードでの時間に肉薄できるのかどうか、やってみようと思います。

来月は八ヶ岳昇りますしね♪

あ。勿論タイヤはハリケーンです。流石にブロックパターンはもったいないですしね。


さて、今回もお付き合いくださいまして有難うございます。

零騎士さん…硬いッス

今日は温かい♪

絶好のポタリング日和ですね。


そんなアタクシは、自転車…でゎなく(涙)、

愛車エクシーガのパンク修理してきました。

おかげで貴重な晴れ間にでもがっつり自転車に乗れません。


みなさまこん○○は。カザホネです。


そんなわけで今日はちょっとだけのネタを。

今まで履いていたシマノrs21(リチオン2使用)と、フルクラムレーシングゼロ(パワーエンデュランス使用)を自宅の近所で乗り比べてみました。

共にギアは14T、空気圧はアタクシのウェイトでの推奨気圧です(あえて8barとは言いませんw)。

よぉーく見ないとただのまっくろくろすけ(笑)


乗り終えて一言。

いやー、零騎士さんやっぱり硬いッス。ガッチガチです(^^;

でも、皆さんがおっしゃる通り発進時の加速や、コーナリング時のシャッキリ感は比べるべくもないですね。

とにかくよく進んでくれるホイールです。

決戦用とはよくいったものです。


あとひとつ、これこそが自分が一番欲しかった機能。

『めっちゃよく止まる。』

です(笑)

凄いです。ディスクブレーキ並に効きます(言い過ぎかな?)。

前輪を思い切り握り混むとジャックナイフできます(やりませんけど…)。

この溝がポイントらしい。


ダウンヒルとかでかなり重宝してくれそうです。


ロングライド、と言うか普段ライドするときは、空気圧を前後1気圧ずつ下げて使用するのが良さそうです(一応実証してみたところ、乗り心地は激変、物凄く優しい乗り味になりましたw)。


さて、今回はこの辺で。

お付き合いくださいまして有難うございます。